Team Driver ブログ「RM-01バージョンアップ」

Team Driver ブログ「RM-01バージョンアップ」

Team Driver:百﨑 晋也

みなさん、こんにちは!
今年もいよいよレースシーズンに突入いたしましたね。
RM-01もバージョンアップ!サーボをミニサーボへ変更です♪

これでマシンのフロントレスポンスも向上するでしょう!
と言っても、イーグルGRTシャーシには搭載するには少々加工が必要です。
図1のようにミニサーボを搭載しようとするとマウント部分には丁度カット部分にかかり搭載できません

今回はこの部分を補うパーツを製作します。

穴の間隔が縦23mm、横43mmのL型のプレートを製作します

私は丁度良い大きさのカーボン部品があったので少加工で済みました。

こんな感じになります!

右側マウントはこの時点でサーボに合わせて固定します。

取り付けに使用する穴は

赤矢印の部分を使用します。

#AS5305 M3x5 アルミスペーサー 0.5mm厚

シャーシロールに影響しないようシャーシとL型パーツの間に0.5mmのシムを入れてサーボを固定します。

これでシャーシロールの影響も減りフロント荷重も軽くなりハンドリングも良くなりました。

Team Driver ブログ「R31-RWD組立」

Team Driver ブログ「R31-RWD組立」

Team Driver:百﨑 晋也

皆さん、こんにちは!

久しぶりの更新です(汗)

今回は先日発売されたニューマシン、R31-RWD GRTを紹介したいと思います。

RWDと言うようにこのマシンは2WD!!初の2WDとあってパッケージを見るだけで

ワクワク感がMAX♪

まずドリフトマシンは非常に低ミュー路面で走行させます

画像のようにアームを持ち上げ自然と降りてこない場合、セッティングを変更しても

十二分に性能を発揮できない可能性があります。

シムやネジの締め具合でスムーズに動くよう調整しましょう。

フロント側も同じくチェック、画像のように持ち上げても自然と落ちてくるように

スムーズに動くよう調整します。

開封して、最初に気になっていた新設計のフロント足廻り

新型アームとナックルでセッティングの幅が広がり

Cハブがないので陀角量も多くとれます。

今回はキングピンアングルやキャスター各は標準で組んでいます。

その他は問題なくサクサクと組み上がっていきます。

スムーズに組み上がっていきましたが、ここで気になる部分が

画像部分のプーリーがバルクに干渉します。

溝がついていますのでEクリップを追加しています。

これでガタも無くバッチリ!

※第2ロット以降の生産分に関しては、問題なくご使用いただけます。

今回のスパーギヤですとバルクにネジが干渉しましたので短いネジに交換しています。

※第2ロット以降の生産分に関しては、問題なくご使用いただけます。

モーターは13.5を使用、ギヤ比は115:33からテストします。

続いてジャイロの搭載について

電源を入れると緑か赤のどちらか一方のLEDが点灯します。

セットアップトリマーを回し両方のLEDが点灯するように合わせます。

GAIN(ジャイロ感度)は最初50%くらいから試してみてください。

今回は製作で気になる部分をピックアップ致しました。

次回は走行インプレッションをお伝えしたいと思います。

大人気!R31-RWDのご購入はこちら!

高出力バッテリーと、ESCのデフォルト設定

高出力バッテリーと、ESCのデフォルト設定

今回はバッテリ-のお話!
イーグルのラインナップにも高出力のバッテリーが増え、最近の主力バッテリーは軒並み高出力になっております。
放出性のいいバッテリーはバッテリーの持てる力を存分に発揮し、パンチのある走りを生み出してくれる反面、放出力が高いゆえに、使用中の瞬間的な電圧降下も大きくなります。

そして、昨今主力になってきているLi-Po,Li-Feバッテリーのために、多くのESCは、降下電圧が設定値に到達すると、警告や送電停止をする機能を備えています。

多くのESCには、機能として、Autoと任意に電圧を設定できるモードが搭載されています。
そして、デフォルト値ではAutoに設定されているのですが、そのAuto状態で設定されている電圧がいくつになっているかちゃんと把握していますか?

Li-Poの場合は3.125V、Li-Feの場合は2.3Vが下限
つまり、その電圧より少しでも下がってはいけないのです。

もし、初期設定状態で、3.0V以下の電圧設定がされていて、Li-Poバッテリーを使用してしまったら?
次回以降の充電時に発火や膨張の危険性が急激に高まります。

そうならない為にも、使用する前に説明書をよく読み、設定されている電圧が何Vなのかを把握しておきましょう!

もし、低すぎる電圧が設定されているのであれば任意設定を使用し、適切な電圧を設定しましょう。

目安として、低出力(55C以下程度)のLi-Poの場合、3.2~3.3V程度
65C以上の場合は3.3V以上に設定しましょう。ただし、これは警告系のシステムの場合であり、Novak製品のように、設定電圧を下回らないように、送電自体を停止するESCであれば、3.125Vより高い設定であれば大丈夫です。
LEDや、ブザー等の警告の場合、警告を出し始めてすぐに気づけるかも分かりませんし、送電停止を行わない以上、ユーザーがコントロールする必要がありますので、早めに停止させるためにも、高い電圧で警告を発生させた方が安全に使用できます。

より安全で、簡単に使用する為には、送電を停止するシステムを導入しておく方が確実でしょう。
でも、ESCによっては送電を停止するまでのシステムを搭載していない場合もあります。
そこで、送電停止のみの追加システムを一つ入れておく事をお勧めします!

#3895 ノバック・Li-Po スマートストップ(2-4セル自動認識)(#5476)  ¥3,480

こちらの商品を使うことで、2~4セルまでのバッテリーを自動で認識、適切な電圧で送電を停止してくれます。

 

Team Driver ブログ 「TT01改 ドリフト走行」

Team Driver ブログ 「TT01改 ドリフト走行」

Team Driver:百﨑 晋也

皆さん、ようやく猛暑も収まり過ごし易くなってきましたね!
R/C活動も活発になってくるのではないでしょうか?
今回は近くにドリフトコースがオープン致しましたので早速TT01改を
走行させてきましたのでご紹介したいと思います。

コースは全天候型カーペットコースです。
レイアウトは初心者にも配慮したレイアウトになっています。

マシン仕様
ESC:ノバックiMPACT
モーター:Z-ZONE13.5T
ケツカキギヤ1:1.56
スパー/ピニオン58:18
タイヤ:DT015-H4スーパーロープロファイルドリフトタイヤ
その他ダンパースプリング等はキット標準でまずは走行させます。

皆さんタイヤに苦労されているようでしたがこのタイヤを装着したお陰か初走行ながら走行は非常にスムーズでした。
もう少し穏やかにドライブできるようフロントスプリングをソフトに変更
この変更で走行も楽になり皆さんと追走も楽しめました。

この日ご一緒に走行した方々のマシンにもイーグル製タイヤをご装着頂いていました。
(左2台がDT015、右1台が3946コンスタントグリップ)
カーペットでの愛称も良さそうです。

次回は走行動画をアップしたいと思います。

今回チームドライバーの百﨑氏が使用したシャーシやESC
カーペットコースとの相性のいいドリフトタイヤシリーズ等
全ての商品はイーグルオンラインショップでお買い求め頂けます。

Z-ZONEと新型リポでオフロードレース好成績!

Z-ZONEと新型リポでオフロードレース好成績!

Team Driver:百﨑 晋也

皆さん、今年は暑さ全快といった感じですがいかがお過ごしでしょうか?
今回はその暑さにもめげずオフロードレースに参戦致しました。

レースは今年オープンしました「三日月オフロードRCパーク」
コースオーナー様からのご依頼で運営のお手伝いを兼ねての参戦と、非常にタイトなレースになりましたがとても楽しみながら走行できました。

しかしオフロードレースは実に6年ぶり!
久々の走行では、ジャンプを飛べませんでした(焦)

今回はマシンバランスを考えてショートタイプの【3897V2】Lipo4400バッテリーを搭載いたしました。
モーターはZ-ZONE8.5tをチョイス
バッテリー変更によりパワー感もアップ!
アンプの搭載位置も変更し、ジャンプでの姿勢変化にも役立った感じがします。

予選は前日練習から好調の優勝候補、江口選手との争いで1ラウンド目は僅差で2番手ゴール。続く2ラウンド目も江口選手との争いになりましたが今度はトップゴールしました。総合でもTQを獲得できました。

続く決勝ではスタートに失敗し2番手走行となりましたがトップのマシンが三連ジャンプでミスした隙を突きトップに浮上、後半に2番手のマシンの猛追を受けましたがトップでゴールすることができました。
久しぶりのオフロードレースでしたがオンロードにはない楽しみが有り非常に有意義な1日でした。

次回も引き続き参戦させてもらいたいと思います。

タミヤ TT-02 オプションパーツ続々!

タミヤ TT-02 オプションパーツ続々!

タミヤの新しいキット「TT-02」の発売と同時にいくつかのオプションパーツを発売し
その後も続々とオプションパーツを提案させて頂いておりますが

 

なんと!
もう間もなく、TT-02用のコンペティションキットが発売になりそうです!

既に、フロントアップライトとリアハブを発売させて頂いておりますが。
その二つを含めた足回りのセットを企画しております!

これが!間もなく発売になる予定のコンペティションキットです!
純正のイメージを大切に、アルミ製で剛性を高め、スムーズな駆動を実現するコンペティションキット!

アップライトはキャンバーの調整を行えるよう、ターンバックルの特徴を組み込んだ物になっております!

ロアアームは、ダンパーの取り付け穴を増やし、より様々なセッティングに対応できるようになっております!

現在、できるだけ早く提供できるよう、頑張って作っておりますので
もう少し待っていてくださいね!

今回の記事は発売前の予定となっておりますので、実際の商品と異なる場合がございます。

上記のコンペティションキットは、タミヤTT-02の設計思想に重点をおいているため
各々のパーツがそのままTT-02に取付け可能となります。

ですが!
モアアグレッシヴなサスセットがお好みの場合は!

TT02-14-AL-LBL ジュラ製サスペンションセット[LBL]:TT-02用
TT02-14-PL 強化プラスチックサスペンションセット:TT02用

こちらのセットはマジギレ仕様!フロントキャスターとリアトーのコントロールも可能です!
ただ、コンペティションキットと違い、TT-02の仕様をがらりと変更するセットになりますので。
個別ではなく、セットで丸ごと変更になります!

その他、TT02のオプションパーツは色々取り揃えております!

EAGLE STYLE #3711V3

EAGLE STYLE #3711V3

今回は、「#3711V3 TT01改 ドリフト・フルオプションキット」 を EAGLE STYLE で完成させてみました!

使用したボディは タミヤ製のスカイライン GTR R53(SP.1340)です。

もとになるシャーシはこちら↓
#3711V3-AL TT01改ドリフト・フルOPキットジュラ製サス仕様   ¥19,800
#3711V3-PL TT01改ドリフト・フルOPキットプラスチックサス仕様 ¥14,800

このV3は、今までV1・V2でTT01に追求してきた全ての部品を結集させた集大成モデルとして、コンバージョンではなく、キットとしてデビューしました!
ドリフト走行におけるマシンの更なる運動性能の向上と徹底した軽量化を念頭に製作し、マジギレサス(広舵角)、フロントワンウェイ、リア・ケツカキソリッドアクスル(1:1.56)、マジギレユニバーサルを標準搭載!
また、グラファイトメインシャーシはフライス加工で軽量化、バッテリーはストレートパックとサドルパックを選択可能!
重量物の搭載位置は、極限まで低くLCG設計にし、かつフロント寄りに配置することで、回転の軸を前よりにし、スライドアングルを維持しやすく、スライドコントロール性能の向上を実現しました。

イーグル製 #3711V3-AL にメカを搭載

Z-ZONEブラシレスシステムに、モーターはZ-ZONEのD-SPEC!
ジュラサス等もライトブルーなので、調子にのってバッテリーも青い物をチョイスしました(笑)

こちらに、塗装とデカール処理が完了したボディを…

ドーン!TT-01をベースに開発したキットなので、タミヤ製のボディ(190mm)がそのまま無加工で取付け可能なのです!サイズもぴったりですね♪
ボディは、ボディポストを使用して取付けることもできますが、今回はスケール感を大事にする為、ステルスボディマウントV2(#BM-02)を使用しております!ドリフトシャーシなので、ドリフト車両っぽくデザインしております♪
(なお、デカールはタミヤ製でもイーグル製でもありません、ドリフト車両を参考に作成しております。)
後姿はこんな感じです。

どうでしょう?スケール感が上手く出たんじゃないかと思います。
3711V3のキットに含まれている、リアディフューザーもぴったりいい感じにフィットしてますね!

ちなみに、ヘッドライト部分にイーグル製 #LED-16-5V2 LEDマウント・パンチホール(5mm用)
を使用し、ヘッドライトをマウントしました。
#LED-06 ライトシステムも搭載してるので、ギラギラ光ります!

いかがでしたでしょうか?
EAGLE STYLE 今回は#3711V3を使用して仕上げたGT-Rのドリフトカー!
今回使用した部品はボディとデカールを除き、全てEagle Online Shop からお買い求め頂けます!

シャーシ :#3711V3-AL
ESC&モーター:Z-ZONEブラシレスシステム
サーボ:#SE-S8-008M
バッテリー:#3858V3-LW(現在はV3のライトウェイトモデルにモデルチェンジしています)
LED:#LED-06 , #LED-16
ボディ:タミヤ製SP.1340 日産スカイラインGT-R R35

EAGLE STYLE #R31-16FM-KIT

EAGLE STYLE #R31-16FM-KIT

今回のEAGLE STYLE は #R31-16FM-KIT を使用します!
ボディはドリフトと言えばこの車!タミヤ製 日産シルビア S15(SP.1258)です!
もうまさにドリフト!って車ですからね!
D-1競技車両並みにド派手にいきます(笑)
サーキットでカッコよくドリフトきめて目立つことを第一にいってみましょう♪

使用するシャーシは、#R31-16FM-KIT!
#R31-16FM-K-13GO R31-16FMフルOPキット・キャスター13°[GO] ¥32,800
#R31-16FM-K-13LB R31-16FMフルOPキット・キャスター13°[LBL] ¥32,800
#R31-16FM-KIT-LB R31-16FMフルOPキット[LBL] ¥32,800
#R31-16FM-KPLGO ドリフトGRTフロントマウントシャーシセット プラスチックエディション:R31用[GO] ¥29,800
#R31-16FM-KPLLB ドリフトGRTフロントマウントシャーシセット プラスチックエディション:R31用[LBL] ¥29,800

こちらは、更なるドリフト安定走行を追及し、イーグル開発チームが12か月以上掛けて仕上げたR31シリーズの集大成シリーズです!
各部パーツは少しの妥協も許さないほど、効率よく配置されており、ドライバーを選ばず簡単にドリフト走行ができるように開発しました!
操作性に優れ、初心者からプロまで幅広く満足のいく走りをご堪能頂けるよう、フロントモーターマウントシャーシを採用!
ギア比は標準で1:1.557のケツカキ仕様になっております。
ジュラ製のフルオプション仕様と、プラスティックエディションがあります!

前回の3711V3もそうですが、これにメカとプロポとバッテリーですぐ走れるようになってます♪

それではシャーシを…

いかにもフロントが重そうですねー
この超フロント重心が、ドリフトの操作性を極限まで高めてくれています!

 

では、お待ちかねのボディです!
目立たせるって言っちゃいましたからね、頑張りました(笑)

どうですか!
オレンジですよ!ブラックとオレンジ!もうまさに競技車両ですね!街中走れません(笑)
スケール感を大事にする為に、ステルスボディマウントV2(#BM-02)を使用しております!
(なお、デカールはタミヤ製でもイーグル製でもありません、ドリフト車両を参考に作成しております。)
後ろからだとこんな感じです

いかついでしょー?
ちなみに、このリアディフューザーですが、キットについてます!
今回はアクティブブレーキディスクも試してみました♪

ホイールも渋くていい感じですね♪
(キットには、これとは別のホイールが付属します。
今回はアクティブブレーキディスクセットを取り付ける為、別のホイールに変更しました。
使用したホイールは#W029GU-00です。)

キャンバー角もつけ、車高も低めの設定!
タミヤのボディが無加工でぴったりシャーシにフィットします!
いかがでしたでしょうか?
スケール感溢れるドリフト仕様のド派手なS15!
今回使用した製品もEagle Online Shop でご購入いただけます!
シャーシ
アクティブブレーキディスク: アクティブブレーキディスクシリーズ

Team Driver レポート:RM01 トゥエルブレースに参戦!

Team Driver レポート:RM01 トゥエルブレースに参戦!

Team Driver:百﨑 晋也

皆さんこんにちは、早くも第5回目の投稿となります!
今回はまだシェイクダウン間もない状態ですが
トゥエルブレースに参戦いたしましたのでその模様をお伝え致します。

各社マシンが出揃い比較するには良い機会です♪
レースレギュレーションはLi-Po2セル17.5tモーター+ノンブーストで
予選は5分間、決勝は8分間の周回レースです。
まず予選1回目、路面のグリップがあまり良くないようですがマシンの調子は良くベストラップも13秒フラットとテストで出したタイムのコンマ1秒落ちと、このヒートトップでゴールします。
そして総合順位も暫定トップです♪

予選2回目、今回はトップスタートで中盤まで独走になりますが後半、マシンのグリップ感が無くなり追い上げられゴールタイムはコンマ4秒差で逃げ切り何とかTQを獲得しました。

ゴール後マシンをチェックすると、グリップが低い為にタイヤの減りが早く最後までタイヤが持ちませんでした!
あまりの薄さで所々ホイルが見えています。1パック3mm程度減っています(驚)

どうやら車高がなくなりシャーシと路面が干渉しグリップが得られなかったようです。

決勝に向けニュータイヤを投入!と思いきやここで問題が!
ここまで減るとは思っておらず手持ちに今まで使用していた#3040-25タイヤがありません(汗)
現在、手持ちに#2435グリーンしかありません。
このタイヤはグリップ剤との相性がよく前記のタイヤよりグリップ感がありますがグリップ剤が切れると逆にグリップが得られません。
グリップ剤?という方も居られるかもしれませんのでここでグリップ剤のことを少しお話します。
グリップ剤とはタイヤのグリップを上げる為に塗る液体ですがイーグル模型で取り扱っている商品ではパラゴングランドイフェクトとFX2がスポンジタイヤ用として出ています。
場所によるかもしれませんが多くの場合はFX2の方を使用し、塗る時間や幅などでグリップの調整をしていきます。また使用前にはきちんと拭き取る必要があります。
*ダーティーな場所では埃を吸って逆効果になる場合もあります。

ここではリアタイヤにパラゴンFX2を30分、フロントタイヤ半分に10分入れ決勝レースに挑みます。

決勝はタイヤのおかげかスタートからハイペースで走行できます♪
ベストラップもレコードの12.8秒で後続との差を広げます。
後続との差が半周ほどになりますが、6分過ぎにグリップ剤の効果が切れタイムも大幅に落ち込みます。
1周コンマ5秒以上縮められ、そして残り30秒!
遂に逆転され2番手でゴールとなりました。
非常に残念な結果とはなりましたが、マシンの長所と短所を確認でき次回までのテストすべき点も出てきましたので大変有意義な1日となりました。