TA05-RWD ドリフトGRTシャーシキット 間もなく発売!

TA05-RWD ドリフトGRTシャーシキット 間もなく発売!

エントリークラスからハイエンドクラスまで楽しめるTA05のフルオプションハイエンドRWDバージョンがもう間もなく発売になります!!
各部パーツは少しの妥協も許さないほど、効率よく配置されており、RWDならではのドリフト走行が可能です。

今回は、そんな 新たなシャーシを徹底的に解説してみたいと思います。

① ウエイトバンパー
 新設計のフロントウエイトバンパーは、約50gまでのウエイトを装着することが出来ます。

② シーソー
フロントシーソーダンパーはドリフト時のステアリング性能をさらに向上させました。

③ 逆関ストッパー
逆関ストッパーのダイヤルを調整することで、ステアリング切れ角を調整することが出来ます。

④ 高舵角
Y型ロアサスアームとフロントナックルを用い約80度もの高舵角を確保致しました。

⑤ バッテリープレート
スタンダードサイス約137.4×46.9×22.8mmとショートサイズ約47×95.8X24.7mmの2種類が付属しており、バッテリーの大きさと幅で重量配分をコントロールすることが出来ます。

⑥ リアサス
新型リアハブを組入れることで、従来の3860V3よりも、より実車に近い可動が実現しました。


⑦ ディフューザー
自車感があふれるディフューザーが標準装備されています。

以上が、間もなく発売になる、TA05-RWDの紹介になります。
ハイエンドなマシンながらもエントリークラスでもお使い頂けるシャーシとなっておりますので、色々な方にお使い頂けたら幸いです!
発売まで、今しばらくお待ちください!!

お買い求めはお近くの販売店様へ!

Eagle Oline Shopでも取り扱っております!

高出力バッテリーと、ESCのデフォルト設定

高出力バッテリーと、ESCのデフォルト設定

今回はバッテリ-のお話!
イーグルのラインナップにも高出力のバッテリーが増え、最近の主力バッテリーは軒並み高出力になっております。
放出性のいいバッテリーはバッテリーの持てる力を存分に発揮し、パンチのある走りを生み出してくれる反面、放出力が高いゆえに、使用中の瞬間的な電圧降下も大きくなります。

そして、昨今主力になってきているLi-Po,Li-Feバッテリーのために、多くのESCは、降下電圧が設定値に到達すると、警告や送電停止をする機能を備えています。

多くのESCには、機能として、Autoと任意に電圧を設定できるモードが搭載されています。
そして、デフォルト値ではAutoに設定されているのですが、そのAuto状態で設定されている電圧がいくつになっているかちゃんと把握していますか?

Li-Poの場合は3.125V、Li-Feの場合は2.3Vが下限
つまり、その電圧より少しでも下がってはいけないのです。

もし、初期設定状態で、3.0V以下の電圧設定がされていて、Li-Poバッテリーを使用してしまったら?
次回以降の充電時に発火や膨張の危険性が急激に高まります。

そうならない為にも、使用する前に説明書をよく読み、設定されている電圧が何Vなのかを把握しておきましょう!

もし、低すぎる電圧が設定されているのであれば任意設定を使用し、適切な電圧を設定しましょう。

目安として、低出力(55C以下程度)のLi-Poの場合、3.2~3.3V程度
65C以上の場合は3.3V以上に設定しましょう。ただし、これは警告系のシステムの場合であり、Novak製品のように、設定電圧を下回らないように、送電自体を停止するESCであれば、3.125Vより高い設定であれば大丈夫です。
LEDや、ブザー等の警告の場合、警告を出し始めてすぐに気づけるかも分かりませんし、送電停止を行わない以上、ユーザーがコントロールする必要がありますので、早めに停止させるためにも、高い電圧で警告を発生させた方が安全に使用できます。

より安全で、簡単に使用する為には、送電を停止するシステムを導入しておく方が確実でしょう。
でも、ESCによっては送電を停止するまでのシステムを搭載していない場合もあります。
そこで、送電停止のみの追加システムを一つ入れておく事をお勧めします!

#3895 ノバック・Li-Po スマートストップ(2-4セル自動認識)(#5476)  ¥3,480

こちらの商品を使うことで、2~4セルまでのバッテリーを自動で認識、適切な電圧で送電を停止してくれます。

 

タミヤ TT-02 オプションパーツ続々!

タミヤ TT-02 オプションパーツ続々!

タミヤの新しいキット「TT-02」の発売と同時にいくつかのオプションパーツを発売し
その後も続々とオプションパーツを提案させて頂いておりますが

 

なんと!
もう間もなく、TT-02用のコンペティションキットが発売になりそうです!

既に、フロントアップライトとリアハブを発売させて頂いておりますが。
その二つを含めた足回りのセットを企画しております!

これが!間もなく発売になる予定のコンペティションキットです!
純正のイメージを大切に、アルミ製で剛性を高め、スムーズな駆動を実現するコンペティションキット!

アップライトはキャンバーの調整を行えるよう、ターンバックルの特徴を組み込んだ物になっております!

ロアアームは、ダンパーの取り付け穴を増やし、より様々なセッティングに対応できるようになっております!

現在、できるだけ早く提供できるよう、頑張って作っておりますので
もう少し待っていてくださいね!

今回の記事は発売前の予定となっておりますので、実際の商品と異なる場合がございます。

上記のコンペティションキットは、タミヤTT-02の設計思想に重点をおいているため
各々のパーツがそのままTT-02に取付け可能となります。

ですが!
モアアグレッシヴなサスセットがお好みの場合は!

TT02-14-AL-LBL ジュラ製サスペンションセット[LBL]:TT-02用
TT02-14-PL 強化プラスチックサスペンションセット:TT02用

こちらのセットはマジギレ仕様!フロントキャスターとリアトーのコントロールも可能です!
ただ、コンペティションキットと違い、TT-02の仕様をがらりと変更するセットになりますので。
個別ではなく、セットで丸ごと変更になります!

その他、TT02のオプションパーツは色々取り揃えております!